「一宮青年会議所」は“明るい豊かな社会”の実現を理想とし責任感をもった40歳までの青年の団体です。

‘事業報告’ カテゴリーのアーカイブ

12月度例会(卒業例会)

2014年12月25日 木曜日

12月度例会
開催日時:2014年12月11日(木)
会  場:一宮商工会議所 3階
担  当:アカデミー委員会

情熱あふれる会員で次世代の新たな一宮青年会議所を継続させるためには、諸先輩方から脈々と受け継がれている崇高なる志を継承するため、
また、JC活動を通して、一宮青年会議所と私達残される会員を支えていただいた本年度卒業を迎える卒業会員へ感謝と敬意を表し例会を開催いたしました。
IMG_5207

卒業会員からはJC活動で培った崇高なる志を託していただき、現役会員はその思いを継承し悔いなく卒業できるよう心がけ、設営を担当させていただきました。
IMG_4911
また、本年は初めての試みとして、卒業予定者のスピーチを拝聴し、崇高なる志の継承の締めくくりとする意味で、卒業予定者へのご卒業のお祝いの挨拶を含む今までお世話になった事への感謝の言葉を伝える『感謝の儀』を行いました。
IMG_5154
IMG_5195

担当者:アカデミー委員会 委員長 久保辰也

11月度例会

2014年12月25日 木曜日

11月度例会
開催日時:2014年11月12日(水)
会  場:尾西生涯学習センター 大ホール
担  当:渉外委員会

私たちは地域の垣根を越えて、愛知ブロック協議会(愛知県)、東海地区協議会(愛知・岐阜・三重・静岡の4県)、公益社団法人日本青年会議所(日本全国)に毎年多くの出向者を出して、より広域的な視点から青年会議所活動を行っております。

IMG_4798
IMG_4796
IMG_4795
IMG_4804

一宮青年会議所から出向された会員の皆様から一年間の出向先での活動内容などをご報告いただき、また、本年全国各地で開催された青年会議所活動について映像を基に振り返りました。
2015年度の出向活動や各種大会・会議・事業へ積極的に参加することの意義を会員間で再確認することができ、新たな活動に向けて会員の意識の向上を図ることができました。

担当者:渉外委員会 委員長 野村一磨

10月例会(第3回ICHINOMIYA郷土グルメグランプリ)

2014年12月18日 木曜日

10月度公開例会
2014年10月210日(土)
会場:138タワーパーク
担当:活気あふれる郷土想像委員会

第3回を迎える郷土グルメグランプリ。当日は天候にも恵まれ、5500名を超える一宮周辺の皆様に来ていただくことができました。

IMG_4417

今回は公益社団法人一宮法人会の皆様と共催させていただきました。

IMG_4438

出店数15店舗。どちらのお店も行列ができていました。
IMG_4518

また、本年はステージ催事も行い、第3回目にふさわしく大盛況となりました。
一宮市長、谷 一夫様をはじめ、多くの皆様方のご協力頂きました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

活気あふれる郷土創造委員会 委員長 髙月英昭

9月度例会(西尾張6JC合同例会)

2014年12月18日 木曜日

西尾張6青年会議所合同例会
開催日時:2014年9月23日(火)
会  場:尾張一宮駅前ビル i-ビル 7階 シビックホール
担  当:経営資質向上委員会
テーマ :強い青年経済人の育成
経営資質向上委員会は、一般社団法人海部津島青年会議所、一般社団法人江南青年会議所、一般社団法人犬山青年会議所、一般社団法人稲沢青年会議所、一般社団法人丹羽青年会議所と共催で、西尾張6青年会議所合同例会・講演会の部としまして「不安や悩みを乗り越える強い青年経済人」を育むための事業を開催いたしました。

今回は第1部として、地元企業の実態を知っていただくために、事前に西尾張エリア各地の地元企業にインタビューを行い、様々な企業の抱える不安や悩みを取り上げ、発表を行いました。その後は第2部として、日本最大の均一ショップ「ザ・ダイソー」創業者であり、倒産・夜逃げ、自社倉庫全焼といった様々な困難に打ち勝ち、今や3500億円以上の売り上げを誇る企業へと成長させた株式会社大創産業 代表取締役社長 矢野博丈氏を講師にお招きし、不安に打ち勝つ経営者をテーマに講演を行っていただきました。

第1部 地元企業の実態調査報告
西尾張エリア各地の地元企業を取材し、インタビュー映像と発表資料を用いて地元企業の実態報告を行いました。

1
第2部 矢野博丈社長による御講演
ご自身の体験をもとに、経営者として困難や不安にどう立ち向かってこられたのか貴重なお話をご講演いただきました。
3b

なお、本例会は公開事業として、西尾張エリア各地から一般市民の方にご参加いただきました。今回の事業の様子は新聞社(中日新聞様、中部経済新聞様)、ケーブルテレビ局(株式会社アイ・シー・シー様)にてご掲載・ご放映いただきました。
誠にありがとうございました。

担当者:経営資質向上委員会 委員長 森 一彦

8月度公開例会

2014年9月14日 日曜日

8月度公開例会
2014年8月2.3日(土・日)
会場:定光寺キャンプ場
担当:生きる力に満ちた青少年共育委員会

タイトル『サマーアドベンチャー~夜空にえがく!僕らのシンボル・僕らの想い~』

2回の公開事業を経て、80名の子供たちとともに電車と徒歩で目的地を目指し、2日間野外での生活を行いました。
CIMG2051

IMG_3402

20140808160855

IMG_3229

様々なことに挑戦して諦めない心も持ってもらうこと、そして周りの人と協力して生活することにより他者への思いやりの心を育んでもらうことにより子供たちの『生きる力』を育みました。

担当者:生きる力に満ちた青少年共育委員会
          委員長 土川 功介

7月度公開例会

2014年9月14日 日曜日

7月度例会
2014年7月11日(金)
会場:尾張一宮駅前ビル 『i-ビル』シビックホール
担当:活気あふれる郷土創造委員会

『中心市街地再生~地域活性への鍵~』
一宮市の中心市街地の活性化を目的として事業を開催させていただきました。

IMG_2721
中心市街地活性化イベント『まちゼミ』の開催に成功し、一宮市とよく似ている岡崎市で活動されている松井洋一郎氏にご講演頂きました。一般参加者の方にもわかりやすく、一宮市の活性化を考えて頂くきっかけになったと思います。

また、実際にまちゼミに参加されていて岡崎の商店街でメガネ店を営んでいらっしゃる
スギウラメガネ 取締役店長 杉浦 文子氏にご講演いただきました。
IMG_2740

IMG_2765

担当者:活気あふれる郷土創造委員会
          委員長 髙月 英昭

6月度例会

2014年7月1日 火曜日

6月度例会
2014年6月19日(木)
会場:一宮市総合体育館 いちい信金アリーナB
担当:拡大・交流委員会

タイトル:「迷わず閉じろ!閉じれば開くさ心の目!ありがとう」

日頃情報の8割を得ていると言われている視覚。この例会では参加者は全員アイマスクをし、その感覚を敢えて奪う事で、メンバー同士が声を掛け合い、それを信じて行動し目的を達成していく事を通じて今までにないメンバー間の交流が生まれ、最後に全員の力で一つの物を完成させる事により、更なる友情や絆を育む事ができました。
IMG_2481

第一部 目隠しマスゲームにより 目の見えない状況の中行う、共同作業の難しさを全員で体験しました。
IMG_2484

第二部 ブラインドウォークを行い、目隠ししたまま仲間の声を頼りに、目的地まで移動する事を通し、仲
間を信じる事の大切さを学びました。
IMG_2499

第三部 ブラインドサッカーという、目隠しをした状態でのフットサルを行いました。
ゴールする為にチーム一丸となり、声を掛け合い全員で勝利に向かって競技を行う事で、仲間との友情や絆を育む事が出来ました。
IMG_2505
IMG_2512

担当者:拡大・交流委員会 委員長 眞野 尚人

5月度例会

2014年5月20日 火曜日

5月度例会
開催日時:2014年5月15日(木)
会   場:一宮市スポーツ文化センター 小ホール
担   当:アカデミー委員会
テーマ  :『人々を惹きつけ牽引するために』~Visual Future 決断力の向上~

一般社団法人一宮青年会議所 アカデミー委員会は、個々のリーダーとしての資質の向上を計る為に「決断力」をテーマに5月度例会を開催いたしました。尚、本例会は公益社団法人日本青年会議所の公認プログラム(セミナー)でありますVisual Futureを用いての例会としております。

リーダーとしての資質には様々なものがあります。今回は「人々を惹きつけ牽引する力」という資質にフォーカスを当てましたが、「人々を惹きつけ牽引する力」にも様々な要素があり、その中でも一番重要な要素と言えるであろう、「決断力」という要素を常に考えながらの例会といたしました。

始めにアカデミー委員会から、判断と決断の違いについての問いかけがありました。この問いかけは、今回のテーマであります、「決断力」を今一度考えていただき、重要性を感じていただきたいと思い、問いかけを行いました。
IMG_2353

IMG_2344
続いて、公益社団法人日本青年会議所 JCプログラム実践委員会様より選ばれた、トレーナーの皆様にVisual Future(セミナー)を実施していただきました。
このセミナーを通して、いつも心に「円すい」を描く事ができ、今後社業においてもJC活動においても、常に目的意識を持つことができ、その目的を遂行するために素早い判断をし、それを実行へと移す決断を下す事の出来る力が養えたと確信をしております。

今回ご協力を頂いたトレーナーの皆様をご紹介いたします。一般社団法人静岡青年会議所 三ツ井 仁君
アシスタントトレーナーとして、公益社団法人宜野湾青年会議所 結城 和昭君、公益社団法人各務ヶ原青年会議所 松枝 秀晃君、一般社団法人栃木青年会議所 大阿久 友伸君には、大変お世話になりました事、この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
IMG_2375

担当者:アカデミー委員会 委員長 久保辰也

4月度公開例会

2014年5月7日 水曜日

事業報告
4月度公開例会
開催日時:2014年4月17日(木)
会  場:尾張一宮駅前ビル i-ビル 7F シビックホール
担  当:経営資質向上委員会
テーマ :『未知の可能性を切り開くチャレンジスピリットの養成』

一般社団法人一宮青年会議所 経営資質向上委員会は、青年経済人の経営資質向上のために「挑戦心」をテーマとした4月度公開例会を開催いたしました。

今回、例会の第1部では経営分析の手法を用いて、自らの課題を見いだすため自己分析を行っていただき、それに続く第2部ではネット証券時代を切り開くという大きな挑戦と成功を果たされた、松井証券株式会社代表取締役社長 松井道夫氏をお招きし「挑戦、~その時何が起こったか~」をテーマに講演を行って頂きました。

第1部 経営分析の手法を用いた自己分析。
簡便的に3C分析、SWOT分析などの手法を用いて参加者自身の現在の状況や課題を整理していただきました。
IMG_2290c

IMG_2295

第2部 松井道夫社長による御講演。
変革や挑戦に対する経験者ならではのヒントや心構えを講演いただきました。

IMG_2301b

IMG_2309b

なお、本例会は公益性のある公開事業として、多数の一般市民の方々にもご参加いただきました。今回の事業の様子はケーブルテレビ株式会社アイ・シー・シー様にて放映いただきました。誠にありがとうございました。

担当者:経営資質向上委員会 委員長 森一彦

3月度例会

2014年5月1日 木曜日

3月度例会
2014年3月3日(月)
会場:一宮市総合体育館 多目的室
担当:拡大・交流委員会

タイトル:「なぜ今拡大が必要なのか?」

一宮市青年会議所の会員数は近年70人程度で推移していますが、3月度例会では、全会員が青年会議所活動の意義、拡大活動の大切さを改めて学ぶ事で、自分達の活動に自信を持ち、拡大対象者に自信をもってJC活動を伝える事が出来るようになる事を目的とした例会を開催しました。
写真 (3)

第一部では、一宮青年会議所の現状を知り、改めて2015年に100人LOMにするという目標を掲げました。
写真 (2)

第二部では、公益社団法人日本青年会議所2013年度未来グループ拡大委員会委員長 杉浦卓君を講師にお招きし、日本全国の会員状況・拡大活動について学びました。
そして第三部では、林輝暢先輩にご参加頂き、杉浦講師と共にパネルディスカッションを行いました。一宮青年会議所としてどう拡大活動を実践して行けば100人LOMに成れるのかを会場を巻き込んで議論しました。
写真

写真 (1)

担当者:拡大・交流委員会 委員長 眞野尚人