「一宮青年会議所」は“明るい豊かな社会”の実現を理想とし責任感をもった40歳までの青年の団体です。

‘2013年’ カテゴリーのアーカイブ

2013年度各種大会・事業・会議 セミナーへ出席して PART2

2013年12月22日 日曜日

本日も渉外ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、前回に引き続き、2013年度各種大会・事業・会議 セミナーの感想をお伝えいたします。

【総務・広報委員会の皆様】

京都会議
 ・「日本の未来選択フォーラム」 ~未来への希望をもって、今こそ決断の時!~
 ・日本の未来選択委員会 春山委員長
  日本青年会議所アドバイザー 池田健三郎氏
パネリストとして産経新聞 乾編集長、早稲田大学 森川教授 NPO法人ドットジェイピー 佐藤理事長をパネリストとしてお迎えし日本の未来に関するフォーラムが開催されました。その中で日本青年会議所が推進している国政選挙、首長選挙における公開討論会また、e-みらせんについての講演がありました。

サマーコンファレンス2013
・日本のエネルギー選択フォーラム 変貌する日本のエネルギー選択 ~エネルギー革命~
・落合信彦氏
落合信彦氏による基調講演では米国でのシェールガス革命による米国の産業構造や日本のエネルギー事情など油田採鉱会社での勤務経験も踏まえて講演をいただきました。その後、(財)日本エネルギー経済研究所 田中特別顧問、東京大学 松本准教授をお迎えしパネルディスカッションが開催されました。
image

【ひと・まち・未来創造委員会の皆様】

サマーコンファレンス2013

・地域力向上フォーラム
~ソーシャル・ストックを活かした地域の再生とは~
本講演は、「サマーコンファレンス2013の地域活性たからいち」の会場にて行われました。ソーシャル・ストックとは、“地域において過去から現在、現在から未来へと受け継がれる、その地域特有の感性から生まれたもの”と伝えていただきました。
塩田講師におかれましては、小豆島町長として、全国に地場産業の一つである小豆島のオリーブと町民との関係についてご紹介していただきました。町民が小豆島の特性をしっかり認識していることが大切とお話しいただきました。
出島講師におかれましては、さまざまな地域の特徴の発掘実績をご紹介していただきました。「地域の特色が無いのではなく、真剣に発掘していない」という観点からご講演いただきました。歴史や伝統、習俗などの縦軸によって受け継がれてきたものと、人々のつながりによって定められる横軸との交わることろに立つことにより、自らの立ち位置を確立し地域再生に向けて自らの足で歩もうとする気概が生まれます。私たちも、一宮市の魅力やたからを見つめなおして、歴史や伝統などの枠に押し固められるのではなく、温故知新の心持で地域の人たちと共に地域活性化に進んでいく必要があると感じました。

【人間力アカデミー委員会の皆様】

・サマーコンファレンス2013
・会員増強フォーラム
~JCビジネスマッチング~
・池田弘氏 (日本ニュービジネス協議会会長)
・相澤弥一郎氏(公益社団法人日本青年会議所 第59第会頭)
まずサマーコンファレンスでのこのセミナーの設営が一宮青年会議所から出向している林輝暢副委員長初め多くの一宮メンバーが設営に関わっていました。参加した時はプラカードを持った一宮メンバー、インカムを使っている一宮メンバーがたくさんいて頑張っているなと感じました。
企業家を応援支援する一環だったかと思いますが、学生による企業へのプレゼンテーションの説明がありました。印象的だったのは司会が学生に社会に出たら仕事は何を目標にしますかといった質問に、公務員を目指すといった事が印象的です。
池田氏の講演ですが正直僕には難しくまた会場に大変多くの人がいて話声でよく聞き取れなかったです。
相澤講師の話は終始熱が伝わり会員の拡大の手法の事ではなく、人として、青年としてどうあるべきか、どうするべきかの話でした。
非常に熱意が伝わりやはり会頭という日本のトップに立った人というのは違うなと思いました。僕自身とも年齢がそれほど大きく違うわけではないと思います、子供も同世代ぐらいだったと思います。地域を思う事、地域を思わない人が日本を思う事が出来ない、地に足付けた地元を大事にしてほしいという話も印象出来でした。
非常に多くのきづきが得られるセミナーだったと思います。
image

さて、2013年も残りわずかですね。
本日の更新で、渉外ブログは本日で最後となります。見て頂きました皆様へ心より感謝申し上げます。
来年も一宮青年会議所はブログを引き続き行いますので、来年もぜひぜひ見て下さいね!!
本当にありがとうございました。
皆様、よいお年を!!!
       一宮青年会議所 2013年度渉外委員会一同

2013年度各種大会・事業・会議 セミナーへ出席して PART1

2013年12月20日 金曜日

本日も渉外ブログをご覧いただきありがとうございます。

2013年度は各種大会・事業・会議にて行われるセミナーへ今まで以上に参加して頂きたい!!
そして、今後の活動に役立てて頂きたい!!
そんな思いで、各委員会の活動内容に沿ったセミナーへ参加頂き、感想をいただきました。
その感想を共有出来れば、皆様の今後の活動のお役に立つと思います。

【事務局の皆様】
京都会議
・拡大委員会 拡大セミナー
・矢口健一先輩
2012年の2月例会において矢口先輩の拡大に対するお話を拝聴させていただきました。おおよそ当時の話と同じ内容だったかと思いますが、改めて聞いても熱のある素晴らしいお話でした。経験談をもとにお話しされておりましたが特に今後の拡大活動につなげていきたいこととして、拡大候補者を選定する際に自分の考えでフィルターをかけないことです。拡大するにあたり経営者じゃないといけないだとかこの人は一人でやってるから無理そうだとか勝手にこちらで理由をつけて候補者にもいれないということをやめて出会う人すべてが対象者と考えて拡大活動に取り組んでいきたいと思います。
004

サマーコンファレンス2013
・JCビジネスマッチング
・相澤弥一郎歴代会頭
相澤歴代会頭のお話を聞かせていただきました。これまで経験してきたJC活動をお話しいただき、その中でJC活動の魅力を存分にお話しいただき、今後の活動へ思いを強くしました。

サマーコンファレンス2013
・日本経済の復活へ!TPPの真実とその行方
・パネルディスカッション(武藤敏郎㈱大和総研理事長・山下一仁東京大学大学院経済研究科教授・岡本重明㈲新撰組代表取締役・池田健三郎大樹リサーチ&コンサルティング㈱取締役所長)
非常にタイムリーなテーマの話でしたが専門的な討論になり、理解できる部分とそうでない部分がありました。ただ、一人だけ民間企業の社長でその他はいわゆる学者・研究者ということで、やはり民間企業の社長と考え方が違うように感じました。方向性は同じでもミクロとマクロの違いを感じました。

第62回全国大会
・拡大褒賞・AWARDS JAPAN
全国にはあれだけ多くの拡大目標を達成しているLOMがあるのにびっくりしました。あの舞台にたつことはとても名誉なことであの雰囲気を感じるとLOM全体の士気があがるのではないかと感じました。アワードに関しても全国で様々な事業が行われており、受賞したLOMは歓声をあげて喜んでいる姿をみてうらやましく感じました。また、その事業に対する思いも強く感じることができいい刺激になりました。

【経営力開発委員会の皆様】

京都会議
・会員拡大セミナー
・矢口健一先輩
会員拡大に関するセミナーでした。なぜ会員拡大をしないといけないのか、どうやって会員拡大をしていけばいいのかということを矢口先輩の非常に分かりやすい説明と熱い語り口で興味を持って聞くことができました。特に印象的だったのは拡大対象者のリストアップをするときには相手の状況などは気にせず自分でフィルターをかけてしまわないようにすることが重要であるという部分でした。確かに入るか入らないかは本人が決めればいい話であってこちらで詮索することはないなと納得しました。
010

サマーコンファレンス2013
・未来の企業創造フォーラム  
・高本 光
高級化粧筆メーカーである白鳳堂の取締役統括部長の方が講師でした。毛筆メーカーであった同社を化粧筆のメーカーとして世界的に有名にされた発想力と努力に感心しました。

第62回全国大会
・拡大褒賞 AWARDS JAPAN 2013
本年度、公益社団法人日本青年会議所 拡大委員会に出向している林副委員長が取り仕切るアワードは大変な盛り上がりで各LOMの拡大に対する熱心さに火を着けられました。一宮JCも来年はゴールデンゴングを獲得できるようにがんばっていかなければならないと感じました。

【LOMの未来創造委員会の皆様】

・サマーコンファレンス2013 
・日ロ政経フォーラム
・森喜朗元内閣総理大臣
に参加しました。森喜朗元内閣総理大臣の基調講演から始まり、第2部ではロシアの経済アナリスト、セルゲイ・ボリゾフ氏を交えてのパネルディスカッションが行われました。
 一般の市民の方も大勢ご参加されており、会場は立ち見が出るほどの大盛況なものとなっていました。森元首相の講演では、当時のロシアとの関係、特に北方領土の話を熱く講演されていました。時には過激な内容にも話題が及び、日本とロシアの関係性が浮き彫りとなるお話をされ、非常に会場全体も釘づけとなっていました。
 続いてのパネルディスカッションでは、日本とロシアの経済関係を中心に行われました。私も知らなかったのですが、日本とロシアの貿易高はこの5年で急成長を遂げるほど、経済にとって欠かせない相手国であることを学びました。そのように経済においては良好な関係国であるだけに、外交について先延ばしにしている数々の課題に対しても、今後しっかりと取り組んでいく必要性があると感じました。
写真 (2)

いかがだったでしょうか。
例年行われる各種大会・事業・会議のセミナーですが、内容は様々です。
本年度、残念ながらご参加頂けなかった皆様!!次年度は積極的にご参加くださいね!!

さて、師走に入り寒い日が続きますが風邪などに気をつけて年内走り抜けましょう!!
次回も、各種大会・事業・会議のセミナー感想をお届けします。
次回もお楽しみに!

11月度公開例会

2013年11月30日 土曜日

『青年経済人 渡邉美樹に訊け!~地域社会から信頼される企業とは~』を開催させていただきました。講師として、外食のほか介護、農業、教育、中食と多くの分野で信頼を得られているワタミ創業者の渡邉美樹氏をお招きし地域社会より信頼される企業についてご講演をいただきました。

131104-reikai0177

131104-reikai0161

131104-reikai0183

第 2 回 ICHINOMIYA郷土グルメグランプリ-イチミヤンらーめん

2013年11月30日 土曜日

イチミヤンらーめん レシピダウンロード

10月19日に138タワーパークにて開催させていただきました第2回ICHINOMIYA郷土(ふるさと)グルメグランプリには
約3000 (内投票者数1,868)の方に来場をいただきました。
その中で見事、グランプリを獲得されたのは、
座食Bar 欒 なにがし一宮店様(一宮市花池3-25-10 電話:0586-46-7204)の
イチミヤンらーめん(得票数:370票)です。
レシピを公開させていただきます。是非、ご家庭で調理してください。

第2回産官学連携事業

2013年11月19日 火曜日

久しぶりの更新となってしまいました…が、本日も渉外ブログをご覧いただいてありがとうございます。

11月18日に尾張一宮駅前ビルにて、第2回産官学連携事業 『産官学で進める地域づくり』が修文地域研究センター主催で開催されました。 共催という形で私たち一宮青年会議所は参加。そして、パネリストとして木村理事長がお出になりました。
image

第2回ということで、前回もパネリストで参加された木村理事長ですが、本当に緊張なさってました。

image

そしていよいよ開会です。

第1部 基調講演の講師は、早稲田大学大学院 教授 北川 正恭氏です。

image

たくさんの方が講演を聞きにみえていました。

image

北川氏は、1972年から3期三重県議会議員を務められ、その後、衆議院議員を経て1995年から三重県知事を2期務められました。

三重県知事時代のエピソードなど、とても興味深いお話をたくさん聞くことができました。

そしていよいよ第2部。パネルディスカッションが始まりました。

image

コメンテーターには第1部 基調講演の講師 北川 正恭氏。

パネリストには、一宮市長 谷 一夫氏。 信用中央金庫 地域・中小企業研究所 副所長 助川 徹氏。
そして木村理事長です。

私たちが地域の為に、どんな活動をしているか。どんな課題が一宮にあるのかなどお話しされました。
そして、私たちが一宮の為に、何が出来るのか。

熱い、熱い気持ちをお話されている木村理事長。
image

今後の一宮の為に守るもの。そして、それと同時に捨てなければいけないものもある。ものすごく印象に残った言葉でした。

そして、閉会のご挨拶は木村理事長が。

image

無事にパネリスト務められ、ホッとした様子の木村理事長。
本当にお疲れ様でした。

image

先日、オリエンテーションで講師を勤めていただいた村手先輩。村手先輩以外にもたくさんの先輩もおみえでした。
村手先輩、お疲れ様でした!

image

これからも一宮の為に活動して参ります!!!

本日も渉外ブログをご覧いただいてありがとうございました。
次回も楽しみに!!!!!

10月度公開例会

2013年10月31日 木曜日

第2回ICHINOMIYA郷土(ふるさと)グルメグランプリを138タワーパークにて開催させていただきました。当日は一宮のソウルフードを決めるべく11店舗の方々に出店していただきました。
約3000名の方々にご来場いただき見事グランプリを獲得されたのはでした。
レシピをホームページにて公開しております。
是非、ご自宅で調理してください。

CIMG0501

IMG_5290

CIMG0535

IMG_5517

第62回全国大会 奈良大会 4日目…と『おまけ』

2013年10月23日 水曜日

本日も渉外ブログをご覧頂きありがとうございます。

さてさて、第62回全国大会も10月6日が最終日でした。

最終日には、日本青年会議所2014年度理事長予定者ミーティング、専務予定者ミーティングが開催されました。
勿論、入ることが出来るのは、野杁次年度理事長と、野田次年度専務だけです。
野杁次年度理事長から写真をご提供頂きました。
image

お二人とも、朝早くに大阪から奈良へ再び移動。本当にお疲れ様でした!

こうして、第62回全国大会が無事に終了。

そして、今年の各種大会・事業・会議が全て終了しました。

私たち渉外委員会は、『おもてなしの心』を大事に全ての設営に取り組んでまいりました。
今思えば、昨年12月に行われた、豊田青年会議所さんとの交流会『豊一会』から走り続けて参りました。
満足のいく設営が出来たわけではありませんが、周りの仲間の大事さ、そして優しさを心から感じる事が出来ました。
ご協力頂いた皆様には感謝の言葉しかありません。
本当にありがとうございました。

渉外委員会の役割は、各種大会・事業・会議をメンバーにご案内、そして参加して頂き新たな経験を積んでいただく、そして、もう一つ大きな担いは、出向者の皆さんと、メンバーの『かけ橋』となり、出向者の活動を全メンバーにお伝えすることです。

今までも勿論出向者の活動をこのブログでお伝えしてきましたが、出向者の活動はまだまだ続いています。今後は、出向者の活動と、出向しているメンバーの出向報告を中心にブログを更新して参ります。

そちらもぜひご覧くださいね!!!!

因みにおまけはこちら(笑)
image

ピースは、奈良の鹿を表しております(笑)

みなさん、本当にお疲れ様でした!!!

次回もお楽しみに!!!!

7月公開例会-野口健講演会 アンケート結果の報告

2013年10月23日 水曜日

7月に開催されました。
野口健講演会のアンケート結果をご報告させて頂きます。

questionnaire-young_01

questionnaire-young_02questionnaire-young_03青少年アンケート PDF

questionnaire_01questionnaire_02questionnaire_03questionnaire_04questionnaire_05questionnaire_06questionnaire_07

アンケート結果PDF

アンケートのご協力、貴重なご意見をいただき
ありがとうございました。

第62回全国大会 奈良大会 3日目 PART3

2013年10月22日 火曜日

前回から続きます

人間力アカデミー委員会 坂倉 慶信君。愛知ブロック協議会 アカデミー委員会 委員長として出向していました。
image

経営力開発委員会 玉田 秀志君。愛知ブロック協議会 躍動する愛知創造委員会 副委員長として出向していました。
image

経営力開発委員会 土川 正夫君。愛知ブロック協議会 監査担当役員として出向していました。
image

副理事長兼社会開発室室長 戸松 稔貴君。また同期が1人卒業してしまうのが寂しいです…
image

経営力開発委員会 副委員長 林 輝暢君。日本青年会議所 拡大委員会 副委員長として出向していました。
image

卒業生のみなさんから温かいお言葉を頂きました。

さて設営を担当する際、必ずアトラクションを行う渉外委員会。
今回がある意味一番盛り上がりを見せたかもしれません(笑)
image

image

image
勝ち残った人間力アカデミー委員会の皆さん、おめでとうございます(笑)

こうして、大阪の夜は更けていきました。

次回の渉外ブログは全国大会4日目、そして、ちょっぴりおまけをお伝えします。
お楽しみに!

第62回全国大会 奈良大会 3日目 PART2

2013年10月18日 金曜日

さて、前回から引き続き第62回全国大会の様子をお伝えします。

一宮青年会議所の懇親会は奈良から移動して大阪で開催いたしました。

11時近くからの懇親会となってしまいましたが、44名のメンバーに参加して頂くことができました。

まず、木村亮一直前理事長の乾杯のご挨拶で始まりました。
image

image

image

そして楽しい懇親会が始まりました。

あらあら、野田敏弘くん、何か事件❓
image

来年の渉外委員長、野村一磨くんは設営が気になるご様子です……が、顔近いですよ(笑)
image

この懇親会では、今年卒業するメンバーの方に一言頂きました。
渉外委員会 稲葉 崇君 。本年度は、日本青年会議所 サマーコンファレンス運営委員会へ出向していました。
image

LOMの未来創造委員会 副委員長 梅谷 朋志君。日本青年会議所 拡大委員会へ出向していました。
image

総務・広報委員会 小川 嘉信君。 仕事の都合で大阪に引越しをしてしまいました小川さんですが、懇親会から合流です。
image

PART3に続きます